千葉ジェッツの選手のバッシュはナイキ派とアンダーアーマー派が大半を占める

B.LEAGUEのB1で勢いのある千葉ジェッツの選手が履いているバッシュを調査しました。気になる選手がどのメーカーでどのモデルを着用していたか、ランキング形式で解説していきます。おすすめのバッシュは購入先も参考にしながらバッシュ選びに参考にしてみましょう。

千葉ジェッツの選手が着用するバッシュメーカー

2018年1月時点で千葉ジェッツの選手は全部で12名。足元を支えるシューズメーカーとモデルは何が多いのか調査結果をランキングにすると、以下のような結果になりました。

メーカー別ランキング
1位 ナイキ 5名
1位 アンダーアーマー 5名
3位 アシックス 1名
3位 K1X 1名

非常に意外な結果となりました。他チームはナイキ着用率が高い傾向がありましたが、千葉ジェッツではナイキとアンダーアーマーが5人づつで同立1位という結果です。

そしてアシックスはどのチームにも1~3名程度はいたりすると思いますが、K1X(ケイワンエックス)を着用している選手がいました。ドイツ発祥のこのブランドはヨーロッパではメジャーですが、日本ではまだまだ着用している選手が少なくマイナーですが、NBAでもオーランド・マジックのエイドリアン・ペインが着用しています。

選手別の着用バッシュ一覧

次に各選手が履いているバッシュは、どのメーカーのどのモデルかを紹介します。

着用バッシュ一覧
阿部 友和 ナイキ ハイパーダンク2017
富樫 勇樹 ナイキ ハイパーダンク2017
マイケル・パーカー ナイキ ズーム コービー 9
レオ・ライオンズ ナイキ ズーム KD10
アキ・チェンバース アンダーアーマー カリー3ZERO
西村 文男 アンダーアーマー 不明
ギャビン・エドワーズ K1X パラドクサム
荒尾 岳 アンダーアーマー 不明
石井 講祐 アシックス 不明
原 修太 ナイキアンダーアーマー カリー3ZERO
小野 龍猛 ナイキ コービー A.D.1
伊藤 俊亮 アンダーアーマー 不明

一部の選手でどのモデルか判別できないものは「不明」と記載しています。

では実際に、着用率が高かったバッシュとその特長を紹介するので参考にしてみてください。

着用率が高いバッシュのモデル

1位:ナイキ ハイパーダンク2017


今B.LEAGUEの選手の中でも人気といって過言ではないハイパーダンク2017といえば、新たな開発された弾みのリアクトテクノロジーが有名です。

Naokoさん(@comokoe)がシェアした投稿

2位:UAカリー3ZERO

spring*さん(@harus_photo)がシェアした投稿