【2019年版】大坂なおみのテニスシューズ「adidas アディゼロ ウーバーソニック3」の特長

数々の強敵を倒し女子テニスプレイヤーで注目選手の大坂なおみ。優勝した全米オープン・全豪オープンでも着用しており、2019年シーズンに着用しているアディダスのテニスシューズ「adizero UBERSONIC 3 AC W」について解説します。

アディゼロ ウーバーソニック3 AC W

2018年のオーストラリア・オープンで初のグランドスラム16強入りを達成し、遂にグランドスラムのひとつである全米オープンも優勝。

そしてその足元を支えたのが、大坂選手が長く愛用しているadidasのアディゼロシリーズ。

女性にはおすすめの可愛らしいライトピンクが特長的で、約295g(24.0cm)という「軽さ」と「スピード」を追求したテニスシューズです。

注目のアッパー部分には、ストレッチメッシュを使用し通気性も抜群。オールコートに対応した耐久性あるアウトソールは、スプリントフレーム構造により最適なかかとの位置確保と体重移動が期待できます。

大坂なおみ選手着用モデル

商品スペック
商品番号 AH2137
参考価格 14,040円(税込)
カラー グレーワン×コアブラック×ランニングホワイト
サイズ 22.0cm~26.0cm
素材 合成繊維/合成皮革/ゴム底
原産国 ベトナム

他にもピンクとパープルの計3色が発売されていますが、大坂なおみ選手着用モデルとしてアディダスから発売されているのは、このランニングホワイトのみ。

全米オープン2018や全豪オープン2019で着用していたのもあり、さらに人気が過熱しそうです。