レバンガ北海道の選手が履くバッシュは圧倒的にナイキが多いことが判明

北海道に本拠地を置くB.LEAGEのバスケチーム「レバンガ北海道」。2017-2018シーズンに選手登録されている所属選手が着用するバッシュはなにか調べてみましたので、バッシュ選びの参考にしてみてください。

レバンガ北海道はナイキが圧倒的多い!

2018年1月時点でレバンガ北海道の選手は全部で12名。まずどのメーカーのバッシュを履いているか調査結果をランキングにすると、以下のような結果になりました。

メーカー別ランキング
1位 ナイキ 9名
2位 アシックス 2名
3位 アンダーアーマー 1名

びっくりするぐらい偏った結果で、ハーデンのシグネチャーモデルを取り扱うアディダスを着用している選手はひとりもいません。

選手別の着用バッシュ一覧

次に各選手が履いているバッシュはどのメーカーのどのモデルかを紹介します。

着用バッシュ一覧
マーク・トラソリーニ ナイキ カイリー3
牧 全 ナイキ カイリー3
関野 剛平 ナイキ ハイパーダンク2017
桜井 良太 ナイキ ハイパーダンク2017
伊藤 大司 ナイキ ズーム KD 10
田原 隆徳 ナイキ カイリー3
折茂 武彦 ナイキ コービーA.D.
ダニエル・ミラー ナイキ ハイパーダンク2016
川邉 亮平 ナイキ PG1
松島 良豪 アシックス 不明
多嶋 朝飛 アシックス 不明
野口 大介 アンダーアーマー カリー3zero

一部の選手でどのモデルか判別できないものは「不明」と記載しています。

では実際に着用しているバッシュについて特長を紹介していきましょう。

着用しているバッシュの特長

ナイキ カイリー3

商品スペック
商品番号 852396-010
参考価格 16,200円(税込)
カラー ブラック×シルトストーンレッド×ホワイト
サイズ 25.0cm~31.0cm

次に紹介するナイキ ハイパーダンク2017と同一で着用している人が多かったのがカイリー3でした。シーズン途中には新モデルのカイリー4が発売されましたが、シーズン途中ということもあり、履き替える人は少ないかもしれませんが、今シーズンから来シーズンにかけて変更する選手が増えることが予想されます。

masato.yさん(@masaty823)がシェアした投稿

ぴっぴさん(@pippi1113)がシェアした投稿

ナイキ ハイパーダンク2017

ナイキのバッシュ中でも長く人気を博しているシリーズのハイパーダンク。このハイパーダンク2017は、軽量化を突き詰めたうえに反発性のあるNike Reactフォームが採用されたソールは、弾みのあるようなクッショニングが続き、快適な動きとスムーズな体重移動ができることで人気のバッシュです。

ローカットからミッドカット、シューレースとFlywireケーブルを一体化したモデルなど、複数のデザインが発売されています。

ぴっぴさん(@pippi1113)がシェアした投稿

うぱこさん(@nakt57831)がシェアした投稿