体育会系の人が転職するときに本気で知っておいてほしい5カ条

スポーツ経験者や現役アスリートから一般企業へ転職するときに実はコツがあるのをご存知ですか?闇雲に転職活動しても志望企業に受からないことは多々あります。うまく希望の会社に入るための抑えてほしいポイント5カ条を紹介します。

ボールを持つアスリート
本記事はスポーツに打ち込んでいる大学生や専門学生ではなく、現役アスリートや過去に長くスポーツ経験をした人向けの内容となっています。

この5カ条をしっかり抑えておくのと抑えておかないとでは、いい企業への就職できる確率は非常に大きく変わってきます。

学生の方は、体育会系学生のための記事「株式会社アスリートプランニングの評判が気になる人のために会社情報を徹底調査!」をご覧ください。

転職希望者で早く転職活動をしたい人は、スポナビキャリアの転職エージェントサービスに無料登録して自分にベストな求人を紹介してもらうことをおすすめします。

体育会出身者の特別な転職【スポナビキャリア】

第1条:スポーツと同様に行動量と行動スピードは超重要!

部活動やアスリートとして活動しているときの練習は、誰もが練習量(行動量)を一定以上求めるはずです。

これは転職活動や就職活動にも言えることで、まずは応募を何度もして自分の経歴だと、応募先の企業からどのような反応/結果がでるのか知ることから始めましょう。

何度挑戦しても書類審査で落ちるのであれば、履歴書やキャリアシートの書き方に問題があったりします。

面接を重ねるうちにいつもうまく回答できない質問は何かが見えてきたります。

スポーツ同様に練習だけでなく、試合(ここでは面接になります)を何度も経験して試合感覚を掴むことが重要です。

そして、躊躇していたり面接と面接の間が空き過ぎると緊張感も薄れていくので、1ヶ月間に数回は面接に望むことをおすすめします。

要するに、
まずは何度も面接を経験して面接馴れをして「面接筋肉」を鍛えること!

第2条:おすすめの職種は営業で「未経験者OKの営業」は合格率高い!

自分が就きたい企業や業種が決まっていれば問題ないですが、決まってない場合はどこに応募をしたらよいかさっぱり分からないと思います。

「新しいことに挑戦したい」
「給料アップしたい」
「稼げるようになりたい」

このようにどんな会社で働きたいかはまだ決まっていないが、「どんなふうになりたい!」「どうしたい!」だけが決まっているのであれば、『営業職』をおすすめします。

『営業職』の特長は簡単に誰でもなれるというわけでなく、健康的(筋肉質・スリム)な外見で元気があるタイプがお客様から好まれます。

また、礼儀なども重要なってきます。

そうした時に体育会系出身者であれば、健康的な体系であるしスポーツを通じて礼儀についてもしっかりとしている人が多いので、比較的に未経験でも活躍している実例が数多くあります

詳しくは「体育会系出身者の転職に営業職をすすめる理由」を読むと理解度が増します。

要するに、
営業職は体育会出身者を求めるので相性は抜群!未経験でも早い段階での昇給・昇進のチャンスは大きい!

第3条:スポーツ経験と得た教訓はしっかりと面接でアピールするべし!

スポーツの現場で得れることは非常に大きくたくさんのことがあるはずです。

そのことはしっかりと面接時にアピールするようにしましょう。

一番良くない面接で落ちるパターンは、自分の功績をひたすら自慢げに話す人です。

確かに受賞歴がある人は、他の人よりも身体能力が高かったり努力をした人が多いのですが、企業(面接官)は体力や学力だけでなく「人間性」や「思考力」などを知りたいと考えている人が多いのです

試合で負けたときにどのように感じたのかだったり、チームメンバーでどのように苦難に挑戦したかはアピールすべきポイントです。

決して乗り越えたことだけがアピールポイントになるとは限りません。

失敗しても何を得られたかなど振り返っていることの方が重要なのです。

要するに、
輝かしい受賞歴だけが評価されるわけでない。苦しかった経験や勝つために何を考えてどう取り組んだかでその人の価値は解かる。自信を持って!

第4条:一定のビジネスマナーは抑えておく!

体育会出身者は先輩後輩の厳しい縦社会で過ごしてきたケースが多いと思いますが、ビジネスマナーとなると苦手に感じる人が多くいます。

大きな声や滑舌をよくするだけではなく、履歴書の書き方や面接時の扉の開け閉め、身なりなどは最低限抑えておくようにしましょう。

IT系のベンチャー企業などでは稀に、奇抜で目立つ存在の人材をほしがったりすることもありますが、大手企業や顧客の印象を大事にする企業は一定以上のビジネスマナーを理解している体育会系の人を求めています。

要するに、
当たり前の礼儀作法だけでなく、印象を良くする相手のための「ビジネスマナー」はできるようにする!

第5条:就活に失敗したくない人は転職エージェントを使うべし!

これまで紹介した第1条~第4条まで全て自分一人で解決できるでしょうか?

以外にできない人が多く納得のいく転職活動ができず、現職のまま転職できなかったり時間ばかり掛けてしまっている人は多いのが現状です。

そんな時に頼りになるのが、あなたの希望に合った転職先を無料で紹介してくれる求人紹介サービスです。

求人紹介サービスでは、転職エージェントと呼ばれる人達が一人ひとりに担当でつき、自社で持っている求人を紹介してくれます。

しかもベストな求人を紹介してくれるだけでなく、苦手な履歴書の書き方や面接時の注意点の共有や練習まで、親身になってサポートしてくれるのが最大の特長です。

法律で求職者から料金を求めることは禁止されており、無料でここまでサポートくれるので使わない手はないと思います。

要するに、
知らないことやできないことがあり不安を感じた人は転職エージェントに頼ることが最も最善な方法!

体育会出身者の為の転職エージェント【スポナビキャリア】



まとめ

正直なところ第1条~第5条の中で、第5条を抑えれば残りの4条もほぼ抑えれることになります。

全国各地に相談所を設けているスポナビキャリアなど求人紹介サービス会社として有名ですが、自身で乗り切れる人は自分に足りないコツを抑えて転職活動をしてみてください。

きっと、これまでよりも手ごたえのある就職活動になるはずです。