野球業界に転職したい人・野球経験を活かしたい人が転職を大成功するための就活方法

球場にある野球ボール
「野球に関連する業界で働きたい!」
「野球経験で培った経験を活かして転職を成功させたい!」

野球経験者の方であれば、そのような考えを持って仕事探しをしていることでしょう。

しかし、実際に転職活動をしてみると、どんな企業や職種が自分に合っているかわからなかったり、思うように面接で自分をアピールできない人が跡を絶ちません。中には成功している人ももちろんいます。

この違いはどこにあるでしょうか?

実は簡単なことで、ちょっとした努力と一歩違う行動をしているだけなんです。そこで今回は、知っている人は実施している野球経験を活かした上手な転職方法と、野球業界にはどのような仕事があるのかを解説いきます。

転職活動を大成功させる秘訣

一般的には、求人サイトや求人雑誌で自分の希望する条件にあった求人を探したり、ハローワークで求人を探します。これはあくまで一般的なやり方です。

では理想の就職ができている野球経験者がしていることは、たくさんの非公開求人の中から適正な転職先や面接の無料アドバイスをしてくれる無料の求人コンサルトを利用していたのです。

もちろん全員が全員利用しているわけではありませんが、無料の求人コンサルトは「野球経験者をほしがる企業」や「野球経験者が面接でアピールすると良いこと」を知っています。アドバイスをしながら一緒になって転職活動するので、転職アップ率はあがります。

無料登録して担当者からの連絡を待ち、面談日程を決めて合うだけ。まずは無料登録するところから初めてみましょう。

ちなみにスポナビキャリアは以下のような人におすすめです。

・野球経験を武器に転職したい人
・野球に関連する仕事をしたい人

野球業界の仕事内容を知る前に「スポナビキャリア」がどのようなサービス・会社か知りたい方は、以下記事からスポナビキャリアについて参考になります。

スポナビキャリアのサイト
スポナビキャリアを利用すると転職率UPする理由を徹底解説

野球業界で人気の仕事

実際に野球に関わるお仕事はどのような仕事があるか解説します。

審判員

就職難易度:★★★★★
野球の審判を仕事にしている人は極わずかで、審判業で食べていくことは非常に大変なことです。

そして、プロ野球以外の審判は副業やボランティアとしてやっている人がほとんどで、得られる収入は交通費程度だったりお小遣い程度だったりします。

ただ、1軍のベテランといわれる領域になれれば年収1000万円(1年毎の契約)を超えることはできますが、狭き門であることは間違いありません。

雇用形態 給料目安
NPBの1軍と契約できた場合 750万円+出場手当て
NPBの2軍と契約できた場合 345万円+出場手当て

プロ野球団

就職難易度:★★★★☆
ベイスターズの求人ページ

プロ野球団は時折、新卒・中途問わず正社員を募集しています。
給料の割には多忙であるケースが多いので、やりがいを求めて働くのであればおすすめです。

主な仕事内容
自社ショップの運営スタッフ、スポンサー営業、広告制作、プロモーション活動、商品企画、飲食企画、イベント企画、事業戦略、Webディレクション、チケット企画等

球場スタッフ

就職難易度:★★★★☆
ドームや球場によって、就職難易度と仕事内容は違います。

特に難易度が高いのは東京ドームで運営会社の株式会社東京ドームは上場していることと、ジャイアンツが大元で動員数が多く安定した収入を得られるため、人気の企業となっています。

メディア事業

就職難易度:★★☆☆☆
テレビから雑誌、ウェブメディアなどたくさんのメディアがあります。

職能も様々でカメラマン、ライター、編プロなどがありますが、基本的に未経験の転職だと難易度が高いのが現状です。

以上が主な野球業界の仕事でした。続いては野球関連の仕事や野球経験者を求める企業・職場は、どのような探し方があるか紹介していきます。

野球業界の仕事を探す方法

求人サイト・転職サイトで検索

大手サイトであれば、ご存知のリクナビやマイナビ、DODAといったサイトがあります。随時更新されているので、こまめにチェックするとよいでしょう。

転職エージェントに無料で仕事を探してもらう

自分で探しても何が自分に適しているかわからなかったり、何でうまく就職できないかわからなかったりします。しかし転職エージェントの転職紹介サービスに申し込めば、仕事探しから面接の練習、場合によっては給料交渉まで無料で行ってくれるのです。会社によって強みやコネクションの企業が異なるので、実際に会ってみることをおすすめします。

おすすめでは検索方法

仕事探しと言えばハローワークという選択肢もあるかもしれませんが、人気企業などは少なく野球関連や野球経験を活かした仕事は非常に少ないと言っていいでしょう。一般的な仕事が多かったり、大手求人サイトに掲載する資金を渋っている中小企業が多かったりするのが現実です。

その他、フリーペーパーや紙雑誌もおすすめできません。理由としては、情報の鮮度が悪く人気企業はネットで十分募集できてしまうこともあります。そのため、チェックするのでは最新求人が掲載されているウェブサイトでチェックしてください。

野球経験者は人気がある?

個人的には野球業界に絶対的なこだわりがなく、ただ野球経験があるからというだけで野球業界で働くという選択は取らないことをおすすめします。

理由はとしては、野球経験者はたくさんの企業でも人気が高いことが挙げられ、以下が主な要因となります。

・チームプレイ経験があり、会社も同様にチームワークが必要であるため
・野球は礼儀を大事にするスポーツ
・体力、忍耐力が強い人が多い

業界や会社の選択肢を広げることで、「対象企業の数が増える」「未経験でも活躍できる」「早い段階で給料UP」」などメリットも増えます。

実際に野球経験を活かして、転職エージェントを利用して転職を成功させた人の事例を紹介していきます。

野球経験者の転職体験

やはりの利用者の生の声を参考するのが一番です。今回は転職エージェントサービスでも一押しのスポナビキャリアを利用して転職した人の事例を紹介します。

野球経験者の転職体験

国士館大学出身
社会人野球⇒スポーツ関連企業(東証一部)

まとめると、
引退後、夢や目標がなかったが新たな目標や夢を持てるようにしてくれた。
体育会出身者の転職支援やプロスポーツ選手のセカンドキャリアのプロフェッショナルだと感じた。

まとめ

野球経験者のあなたがどうしたら転職を大成功できるかわかりましたか?

仕事の探し方や的の絞り方ひとつで転職が上手くいくか大きく左右されます。ご自身の強みである野球経験はすばらしい転職に好影響を与えることは間違いありませんので、自信をもって面接に挑んでくさだい。