体育会系出身者の転職に営業職をすすめる理由

みんなが体育会系の人が就職する職業といえば「営業」と言われますが、営業と体育会系は相性が良いか整理をしてみたので、転職希望の方や就活中の人は参考にしてみてください。

ざっくり結論から説明すると

営業マン達

なぜ、体育会系出身者に営業をおすすめする人が多いのか言うと、経験談から以下が該当します。

・体力がある人が有利だから
・未経験でも成果を出しやすい
・実力主義で向上心が高い人に向いているから
・なんだかんだで縦社会が強い
・声の大きさや笑顔が武器になりやすい
・文科系に比べるとコミュニケーション力が高い
・スーツが似合う

こんな感じで、正直いい理由が多いのが現状ですので、前向きに転職する気になるかもしれませんが、転職時に陥りやすい失敗に遭遇したり、たくさんの求人から自分の能力に適した仕事を探すのは以外に困難です。

しかし、体育会系に特化した転職エージェントを使えば、非公開求人から求人選定、履歴書対策、面接対策までしっかりとサポートしてくれるので、自分に合った職場に出会える確率が上がります。



体育会出身者の為の転職エージェント【スポナビキャリア】

スポナビキャリアがどんなサービスか知りたい人は、スポナビキャリアの特徴/評判を先にご覧ください。

営業職の仕事内容

営業活動
まず、みんな営業をおすすめするけど、営業ってどんな仕事か知ることから始めましょう。

企業によっては異なりますが、「営業は花形」と言われることが多く、私が経験した会社では営業が会社の売上を作っていることもあり、このように言われている会社は多いはずです。

※ただし、営業が一番偉いとかすごいというわけではありません

仕事内容については、会社や取り扱いサービスなどによって異なりますが、主に以下が多いです。

・既存顧客対応
・新規開拓(営業活動)

既存顧客対応であれば、何度もフォローしたり、訪問したりすることがあります。

新規開拓であれば、テレアポや飛び込みなど競合会社に負けない提案型営業などがポイントとなります。

どちらにしても、地道な連絡や提案で売上を上げる活動するのが営業職の主な仕事内容となります。

体育会出身者の特別な転職【スポナビキャリア】

営業職のメリット

商談中の営業マン

では、営業職に就いた場合、どんなメリットがあるか体験談を元に説明します。

歩合報酬で給料が高い

やはり、営業職に就く醍醐味といえば給料の良さと夢があるところではないでしょうか。

未経験の場合は、固定給は低いかもしれませんが、歩合給があるので結果を出した分だけ給料に反映されます。

そのため、どこかスポーツに似ているところがあります。

歩合が高い会社で高成績を出せば、入社して1年以内に月給100万円を得ることも夢ではありません。

特に歩合が高い業界は以下となります。

・通信系
・IT系
・広告系
・不動産系
・金融系

顔が広くなる

営業活動をしていると、たくさんの経営者や役職者とお会いする機会が増えます。

契約が取れたり、長く続けていくと仲良くなり、会食をすることがあります。

そこで更に知り合いを紹介されたりと、どんどん顔が広くなったりするので、次の営業活動につなげやすくなったり、また転職した際に営業先として優位に働きます。

つぶしが利く

昔は、「営業を10年続けられたら一生営業できる」という人もいたりと、営業は転職しても会社が潰れてもどこでもやっていけると言われています。

10年に限らず、ベンチャー企業や実力主義の企業であれば、2~3年で部長職まで登りつめることもできます。

そうなれば、転職も選び放題ですし、起業することもできるかもしれません。

体育会出身者の特別な転職【スポナビキャリア】

営業職のデメリット

では反対に営業職のデメリットも紹介します。

歩合が取れない場合、薄給

これは会社によって違いますが、大手のしっかりとした会社であれば、固定給でもしっかりとした金額をもらえるかもしれません。

創業間もない企業やベンチャー系であれば、固定給が低い可能性は十分にありますので、会社選びは慎重に行いましょう。

拘束時間が長い

営業活動をしていると、勤務時間外で会いたいという顧客もいたりします。

または営業準備で終電間際や始発で会社に行くこともあるかもしれません。

その分、結果を出せば歩合で給料が上がることを考えれば乗り切れるはずです!

ブラック企業に就職しやすい

自分で企業探しをしていると、どうしても企業の良し悪しを短時間で判断することは難しいです。

そのため、いい会社と思って入社したら、実はブラック企業だったということもあり得ます。

そんな時には、無料登録すればしっかりとした非公開求人を紹介してくれる、転職エージェントサービスを利用することがおすすめです。

体育会出身者の為の転職エージェント【スポナビキャリア】

体育会出身者が得するポイント

営業のメリット・デメリットはご理解いただけたかと思いますが、体育会系出身者の良いところを活かせば、もっと活躍することができますので、そのポイントを紹介していきます。

縦社会でも活躍しやすい

営業は実績勝負な世界でもあるので、営業力がある人がどんどん役職が上がっていくケースが多いです。

そのため、基本的には縦社会となるため、どこかスポーツ業界や体育会系の世界に似ているところはあるのではないでしょうか。

なので、体育会の人であれば違和感なく馴染む人も多いはずです。

体力勝負に強い

先ほど紹介した通り、拘束時間が長くなると体力が必要になってきます。

体育会系の人は、筋力もあるし体力もあるので、体力勝負でいろんなチャンスに巡り合えることも増えます。

印象が良い

第一印象だけでなく、印象全てが良いケースがあります。
まず第一印象では、体格がしっかりしていると頼もしく見えたり、しっかりしているように見えます。

ただし、アメフトやラグビーだと体が大きすぎて威圧感を与えてしまうこともあるので、体重コントロールはしっかりする必要があります。

その他では、声に張りがあり明るいのも体育会系出身者の特徴でもあるので、営業職でも体育会系出身者を入社させたいと考える企業も多くあります。

まとめると

これで、多くの人が体育会系出身者に営業職をおすすめ理由が分かったと思います。

自分でどこで営業をやるか探すのも良いですが、本当に自分に向いている営業職がある企業を探すには大変かもしれません。

しかし、無料の転職エージェントサービスを利用することが最大の近道になることもあるので、無料登録してどんどん相談してみるのはいかがでしょうか。

プロのエージェントが非公開求人からたくさんの求人を紹介してくれたり、悩みの相談にのってくれるので、利用してみることをおすすめします。