転職前に熟読!フィットネスジムの求人事情を徹底解説

求人雑誌や求人サイトでフィットネスジムの求人を探す前にどのような求人があって、どのように転職活動することがベストか市場シェアや給料事情を含めて解りやすく解説していきます。

少しでも早く求人を探したい人には、スポーツ業界の求人事情に詳しいエージェント/コンサルタントがしっかりと無料でサポートしてくれる【スポナビキャリア】に無料登録することが最短です。


フィットネスジムとは

スポーツジムのマシン

よく「フィットネスジム」と一般的に使われていますが、人によっては「スポーツジム」と言う人もいます。

実は「フィットネスジム」と「スポーツジム」は定義があり、全く異なる施設の集合体となります。

フィットネスジムの定義

以外に知られていないのですが、この定義は経済産業省の特定サービス産業実態調査で定義が設けられています。

その定義は、「室内プール、トレーニングジム、スタジオなど室内の運動施設を有し、インストラクター、トレーナーなどの指導員を配置し、会員にスポーツ、体力向上などのトレーニング方法などを教授する事業所」
となります。

スポーツジムの定義

それに対して「スポーツジム」は、「室内運動施設を有しているもの」となります。

そのため、市や区が運営している小規模のトレーニング施設は、だいたいスポーツジムに当てはまることが多いです。

フィットネスジムの市場推移

フィットネス業界は、高齢化や健康ブームが牽引して、市場は約4,000億円ある大きな市場となっています。

年数 施設数 全会員数
2010年 3,574 399万人
2011年 3,745 393万人
2012年 3,945 403万人
2013年 4,163 416万人
2014年 4,375 419万人
2015年 4,661 421万人

※引用:http://www.fitnessclub.jp/business/date/compare.html

ここ数年で定年退職した60代の高齢者をターゲットにしたフィットネスジムは、多数出現しているので、就職先は増えているといえます。

フィットネスジムを運営している主な企業

コナミスポーツクラブ

ファミコン世代は、コナミといえばスポーツクラブよりゲーム会社と連想する人も多いかと思います。

体操競技部があり、日本代表として活躍する山室選手、田中選手、加藤選手が在籍している企業でもあります。

企業情報
商号:株式会社コナミスポーツクラブ
本社:東京都品川区東品川4丁目10番1号
設立:1973年3月14日
1,040人(2016年3月31日現在)

2016年9月30日現在での施設数は以下の通りです。

施設数
直営:183施設
フランチャイズ:5施設
受託:211施設

コナミスポーツクラブの親会社にあたるコナミホールディングスは、東証一部に上場する大手企業となります。

前期の健康サービス事業の売上は、前々期に比べると733億円⇒713億円に減少。

しかし、収益を見てみると、19億円⇒27億円に大きく増加しているので、優良事業と言えるのではないでしょうか。

ただ、2015年に実施した大型店の撤退により売上は減ったが、赤字店舗が無くなったので利益が伸びたように感じます。

セントラルスポーツ

こちらも東証一部に上場する大手企業です。

企業情報
商号:セントラルスポーツ株式会社
本社:東京都中央区新川1-21-2 茅場町タワー
設立:1970年5月13日
1,124名(2016年3月末 連結)

2016年3月末現在での施設数は以下の通りです。

施設数
直営:139施設
受託:67施設

コナミスポーツと同時期に始まっていますが、施設数・売上ともにセントラルスポーツの方がやや劣っています。

しかし、過去5年間は連続して売上上昇、経常利益は前々期25億円⇒前期31億円に上昇しています。

ホリデースポーツクラブ

東証一部に上場する大手企業で愛知県が本社ですが、全国70店舗(2017年5月時点)をかまえる大手スポーツクラブとなります。

企業情報
商号:株式会社東祥
本社:愛知県安城市三河安城町一丁目16番地5
設立:1979年3月1日
215名(2013年3月31日現在)

フィットネスジムスタッフの仕事内容

ここでは、フィットネスインストラクターという仕事は何をするか解説していきます。

企業や店舗によって仕事内容は異なるので、代表的な業務を紹介します。

トレーニング機器の説明

ジムに通う人達は始めてトレーニング機器に触れる人達も多くいます。

そのため、間違った使い方で体に負担を掛けてしまったり、機器が破損する原因にもなるので、正しい機器の使い方と正しいフォームを会員さんに教える必要があります。

トレーニングメニューの考案

施設によっては、会員さんの目指す体系に合わせてトレーニングメニューを考えます。

健康促進程度のトレーニングをしたい人であれば、比較的簡単にメニューを考案できるかもしれませんが、高校や大学で本格的にスポーツをしている選手の場合、その競技に精通した知識も必要となります。

トレーニング機器や施設内の掃除

トレーニング機器にはたくさんの汗が付いてしまいます。

衛生面は会員維持にも影響しますし、不衛生では病気を引き起こす可能性もあるので、徹底した掃除がどの施設でも行われています。

簡単な機器のメンテナンスもする場合もあります。

接客・電話対応

店舗によっては、事務スタッフを設けているところもありますが、フィットネスインストラクターが交代制で行うことが多いです。

フィットネスジムスタッフの給料事情

業界的にも比較的高い給料とはいえません。

個人的には給料で選ぶよりも、やりがいや好きなことを仕事にしたい人、キャリアップのために働きたい人がおすすめです。

必要な資格・能力

転職に有利になる資格

給料面では大きく影響することはありませんが、日本体育協会認定のフィットネストレーナーを保有していると、面接の合格率は上がると思います。

ただし、資格を保有しているからといって業務に有利になると言い切れません。

どちらかというと、コミュニケーション能力や経験値が有利になるはずです。

採用率が高い人材

主に以下のような人材は重宝されるので、採用率も上がる可能性はあります。

1.接客が苦ではない(好きな方である)

2.元気がある明るいキャラ

3.長いスポーツ経験がある

4.筋トレが好き

スポーツインストラクターとして活躍できる

得意種目のスポーツがあれば、スポーツ指導をするインストラクターとしても活動できるかもしれません。

スポーツインストラクターとなる講師の空き枠にもよりますが、スタッフ以外にも活躍できるようであれば、合格率も上がる可能性は十分にあります。

そして、インストラクターとして主に重宝される競技は以下となります。

1.水泳

2.ダンス

3.ヨガ

4.テニス

5.キックボクシング・ボクシング

フィットネスジムで働くための近道

注意しておかなければいけないのが、大手企業でも店舗によって施設の内容が異なるので、業務内容も変わってきます。

そして、店舗や地域によって客層やスタッフの強みも異なるので、一概に大手だからとか綺麗だからとかで働くことを決定するのは安易である場合もあります。

そんな時に利用をおすすめするのが求人/転職エージェントサービスです。

スポーツ業界や体育会系に特化したスポナビキャリアであれば、担当者が求人調査から面接対策まで無料でお手伝いしてくれます。

以下のような項目に当てはまるようであれば、まずは無料登録をしてみてください。

・どの企業が良いか迷っている

・面接や履歴書に書き方が不安



まとめ

フィットネスジムで働くために必要な前情報は揃いましたか?

未経験者歓迎の求人も多く、体育会系の職業でもあるので、どんどん行動することを意識して取り組んで行きましょう。