サッカー業界の転職・サッカー経験を活かした転職を大成功させるための全知識

サッカー
「これまで打ち込んできたサッカーに関連した仕事に就きたい!」
「サッカー経験を活かせる転職先を見つけたい!」
と考えていませんか?

サッカー業界は関連する仕事や職業がたくさんありますが「どこに就職したらよいか」「どうしたら希望の職業に就けるか」「どうしたら給料アップができるか」と悩んでしまうはず・・。

そんな時はたくさんの非公開求人の中から、適正な転職先を探してくれたり、面接の無料アドバイスをしてくれる転職支援サービスの「スポナビキャリア」に無料相談することです。

やり方はいたって簡単で、スポナビキャリアのウェブサイトに無料会員登録して、転職エージェントに会って「仕事探し」や「履歴書の書き方」や「面接支援」が無料でサポートしてくれます。

利用した人の声をみると、「給料が上がった!」「やりたかった仕事に就けた!」など喜びの声が多数あがっています。

過去のサッカー経験を活かしたい体育会系の人やサッカー業界で働きたい人であれば、希望を叶えることができるかもしれません。

ただし人気企業は競争率が高くスピード勝負なところもあるので、早めに転職エージェントの方と面談して応募可能であるか相談しておいた方がいいでしょう。

または相談する前に、あらかじめどんな職業がありどんな企業があるか知っておくだけで、転職の幅が広がります。

中にはライセンスが必要な仕事もあるので、気になる方は業界特有の職業・給料事情・仕事内容も理解しておきましょう。

サッカー関連のお仕事よりも、今回オススメのスポナビキャリアについてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事でまとめているので参考にしてみてください。

スポナビキャリアのサイト
スポナビキャリアを利用すると転職率UPする理由を徹底解説

それではサッカー業界の仕事内容から紹介していきます。

サッカー業界で人気があるお仕事

サッカー業界の仕事の種類はたくさんありますが、仕事内容によって就職難易度も給料も異なってきます。

独自の観点で就職難易度と一般的な初任給の一例も合わせて紹介するので、参考にしてください。

JFA公認の審判員

就職難易度:★★★☆☆

サッカーの審判
日本サッカー協会が定める審判員制度は4級から1級があり、級が上がれば上がるほど公平性と的確な審判が出来るかが求められ、1級のトップクラスになるとプロの公式戦や世界戦など大舞台に審判として参加することができます。

フットサルの場合は、フットサル用の審判員の取得が必要となります。

資格の種類 審判ができる試合
1級 JFAが主催
女子1級 JFAが主催・管轄の女子サッカー、または2種・3種・4種の試合
2級 地域サッカー協会が主催
3級 都道府県サッカー協会が主催(一般・U-18・U-15)
4級 都道府県/地区/市区郡町村サッカー協会を構成する支部、または参加の団体、連盟等が主催

上級であれば1試合の報酬は多いですが、下級の資格であれば1試合の報酬が少ないので、他の仕事で掛け持ちしているケースが多いのが現状です。

そして個人に対して仕事が依頼がくるので、会社に属するという概念がなく資格を持っていないとそもそも審判員として活動ができません。

そのため審判員を仕事としたい人は、まずは資格を取得しなければいけません。

オススメの資格取得方法は、専門学校などで指導員の方にしっかりと指導してもらうことです。

専門学校は複数あり、無料の資料請求やオープンキャンパスなどがあるので、実際に学校の雰囲気を味わってみるのもよいでしょう。

仮に働いた場合に得られる給料の一例は下記の通りです。

仕事内容 給料目安
小・中学生サッカーの審判 時給900円~1,200円

※各企業が求人メディアに掲載している内容を参考に記載

サッカー協会の総合職

就職難易度:★★★★★

ゴールネット
サッカー業界の仕事でも人気が高いのが公益財団法人日本サッカー協会の仕事です。

日本サッカー協会以外に都道府県単位でも公益財団法人のサッカー協会があり、それぞれ求人募集をしています。

募集頻度も少なく狭き門であるため、倍率も高くなります。

主な仕事内容
大会の企業企画、広報、プロモーション、資格案内

クラブチームの営業

就職難易度:★★★★☆

サッカースタジアム
プロサッカークラブを運営するためには、観客動員による入園料、グッズ売上の他にスポンサーによるスポンサー料が必要となることが大半です。

その既存スポンサーに対してのフォローから新規のスポンサー探しをしたりします。

時には、地元大手企業からホームがある商店街の中小企業までもターゲットに年間チケットの販売活用を行います。

地元の人達とコミュニケーションを取りながら、チームの売上だけでなく地域活性化も担う重要な仕事になってきます。

ただし他のサッカー業界の求人より就職のハードルは高いので、意思だけではなく面接対策もしっかりとしてから望む必要あります。

主な仕事内容
新規スポンサーの獲得、既存スポンサーの対応、チケットの販売、サッカー教室の企画
雇用形態 給料目安
①契約社員 月給15万円~20万円
②契約社員 月給16万円以上

※仮に働いた場合に得られる初任給の一例です。

サッカー業界で求人募集があったクラブチームの一例を紹介します。

・株式会社川崎フロンターレ

メーカーの営業

就職難易度:★★★★☆

名交換する営業マン
サッカー用品を製造・販売しているメーカーは数多くあります。

新規開拓やルーツ営業など、厳しい世界ではありますが、やりがいもあります。

ですが求人倍率、非常に高く、コネクションやサッカー業界の実績も考慮されるかもしれません。

営業活動先としては、学校(大学・高校・中学など)・実業団・クラブチーム・スクールなど販売アイテムによって営業先は異なりますが、自社の製品を世の中に広めていき、サッカーを楽しんでもらえる人を増やすという喜びを味わうことができるはずです。

主な仕事内容
量販店や専門店への拡販、店頭販促の企画・運営、チラシ・POP制作、取引店のフォロー
雇用形態 給料目安
①正社員 月給21万円以上+歩合
②正社員 年俸制300万円以上

※仮に働いた場合に得られる初任給の一例です。

サッカー業界で有名なサッカー関連メーカーは以下の通りです。

・ナイキ
・アディダス
・アシックス



クラブ・スクールのコーチ

就職難易度:★★☆☆☆
ドリブルする少年
サッカー業界の仕事で一番多いのではないでしょうか。

最近では、小学生以下から小学生までサッカーを習うキッズが増えています。

給料ははっきりいって高くはありませんが、育てたキッズアスリートが日本のサッカー業界を担う可能性もあるかもしれません。

バイトを募集しているクラブやスクールも多いので、正社員の前にバイトから挑戦してみるのもオススメです。

主な仕事内容
スクール生のコーチング
雇用形態 給料目安
①正社員 固定報酬月額 18万円~

※仮に働いた場合に得られる初任給の一例です。

サッカー業界で有名なスクールは以下の通りです。

・株式会社クリップコーポレーション

メディア編集者

就職難易度:★★★★☆
執筆
サッカーの専門誌も数多くあります。

選手への取材や撮影ブッキングなど、プロサッカーから学生サッカーまで出版社によって差はあります。

選手やチームの魅力をしっかりとファンに伝える非常にやりがいのある仕事です。

ただしサッカーが好きなだけでは通用する仕事ではなく、「ライティング能力」や「コミュニケーション能力」、「粘り強さ」などいろんな能力が必要となるので、一人前として働くまでには時間を要する仕事であることは間違いないでしょう。

主な仕事内容
ライターの記事編集、記事企画、サイト編集・運用、
雇用形態 給料目安
①正社員 月収21万円~

※仮に働いた場合に得られる初任給の一例です。

サッカー業界で有名なメディアは以下の通りです。

・サッカーキング
・サッカーダイジェスト
・ワールドサッカーダイジェスト
・月刊サッカーマガジン
・サッカークリニック

フットサル施設のスタッフ

就職難易度:★☆☆☆☆
フットサル場
とくに都内であれば、最近はフットサル施設がたくさんできています。

施設の管理だけでなく、施設で運営しているサッカースクールのコーチやアシスタントも仕事してあるところもあります。

主な仕事内容
備品・設備管理、大会やイベントの審判・運営、フロント業務、レッスン
雇用形態 給料目安
アルバイト 時給 850円~1,100円
①正社員 月給180,000円~250,000円
②正社員 月給175,000円~250,000円

※仮に働いた場合に得られる初任給の一例です。

サッカー業界で有名なフットサルコート運営会社は以下の通りです。

・JFC株式会社
・株式会社富士プロジェクト

スポーツ用品の販売員

就職難易度:★★☆☆☆
スポーツショップ
サッカーが好きでサッカー用品を買いにくる人に、何が適切であるかしっかりとアドバイスするのが販売員です。

サッカーだけでなく、いろんなスポーツの知識に必要になってくるので、サッカー以外も興味がある人にオススメです。

主な仕事内容
接客、商品管理、設備管理
雇用形態 給料目安
正社員 月給180,000円~300,000円
契約社員 月給180,000円~230,000円
アルバイト 時給850円~1,000円

これまで紹介した職種や給料はあくまでも一例で、エリアや時期によって流動的に変化にしています。

サッカー業界で有名なスポーツ用品店は以下の通りです。

・スーパースポーツゼビオ
・アルペングループ
・株式会社ヴィクトリア

オススメの求人サイト

では実際に求人サイトや転職サイトを使って、自分に合う求人の探し方を紹介していきます。

オススメする求人サイトの条件は以下となります。

・大手企業が運営する求人サイトであること!
・スポーツ系の求人を多く取り扱っていること!
・サッカー業界に強い求人サイトであること!

大手企業が運営するサイトであれば、リクルートが運営するリクナビNEXT・マイナビ転職・DODA・エン転職・はたらいくなどがあります。

スポーツ系に強い求人サイトですと、スポキャリなどがあります。

ただし実際にサイト内で検索してみると、都道府県別に絞ると一部のエリアや職種に偏っていたり、サッカー関連の仕事がごくわずかしか掲載されていないことがわかりました。

条件のいい非公開求人の探し方

実は日本に多くの求人サイトがありますが、公開されている求人情報はごくわずかだったりします。

理由としては、競合企業に求人募集していることをバレたくないからとか色々な理由があるのです。

むしろ非公開求人の方がいい求人・おもしろい求人がありますので、たくさんの求人情報を見たい時は、必ず求人紹介会社のコンサルタント(エージェント)に相談することをオススメします。

ただエージェントやコンサルタントがいる求人紹介会社を探すときに、会社の大中小で選ばないようにしましょう。

会社が大きいからといってサッカー業界の非公開求人をたくさん持っているとは限らず、サッカー業界やスポーツ業界の求人をあまり持って扱っていない場合もあります。

非公開求人ってなんであるの?
一般公開によって、企業がどのような条件で求人募集をかけているかライバル企業に知られることで、自社の事業戦略がバレてしまうこともあります。

そのためいい内容の求人になればなるほど各企業は非公開にして、求人にマッチする人材だとエージェントが判断すれば非公開求人を紹介するスタイルがリクルート業界では一般的になっています。

サッカー業界の仕事探しのアドバイス

もっと求人情報をこまめにチェックしていくと、自分にあったサッカーに関する求人に出会えるかもしれません。

もしかすると、「自分のやりたいこと」と「将来なりたい姿」を整理してみると、サッカー業界以外の転職の方が実は適している可能性もあります。

そんな時は、無料の転職エージェントサービスで無料登録すれば、専属のエージェントさんが適した職業や企業を一緒になって探してくれます。

自分の就職先を適性診断してほしい人にはオススメのサービスです。

体育会出身者の為の転職エージェント【スポナビキャリア】

サッカー業界の求人に強い求人紹介会社

ではどんな求人紹介会社であればサッカー業界の求人・非公開求人を多く扱っているかというと、以下が挙げられます。

1.スポーツに強い求人紹介会社
2.体育会系出身のエージェントが多い
3.大手との取引実績あり
4.全国に面談所がある

すべて兼ね揃えた求人紹介会社は少ないですが、オススメの求人紹介会社を紹介していきます。

スポナビキャリア

この4点に該当するオススメの求人紹介会社は【スポナビキャリア】です。

全国に求人を紹介してくれる面談所があり、コンサルタント/エージェントはスポーツ業界出身の人がたくさんいるので、親身になって相談してくれそうです。

もっと詳しくスポナビキャリアを知りたい方はスポナビキャリアの評判をご覧ください。

項目 詳細
社名 株式会社スポーツフィールド
資本金 1,030万円
本社 東京都新宿区市谷本村町3-29-4F
支店 札幌・仙台・千葉・名古屋・京都・大阪・神戸・広島・福岡

マーススポーツエージェント

面談所は東京にしかありませんが、スポーツ人材に特化していることと大手取引実績があることが特徴です。

都内や関東にお住まいの方にはオススメです。

項目 詳細
社名 株式会社マーススポーツエージェント
資本金 7,250万円
本社 東京都中野区本町1-32-2-27階
支店 無し

アスリートFAナビ

項目 詳細
社名 株式会社APパートナーズ
資本金 1,000万円
本社 東京都新宿区高田馬場3-12-2-3階
支店 大阪

スポーツゲート

項目 詳細
社名 ディスタコンサルティング株式会社
資本金 1,500万円
本社 東京都港区赤坂7-9-7-2階
支店 なし

まとめ

サッカー業界はやりがいのある楽しい仕事がたくさんありますし、サッカー経験を活かして活躍している人はたくさんいます。

納得のいく転職が決まらないときは、エージェントに相談してもらい最短で理想の転職先に出会えるかもしれません。まずは気軽に相談してみましょう。