栃木ブレックスの田臥勇太選手に関する本を読めばバスケが上手くなる!?

今、日本で熱いスポーツは何かと聞かれると個人的にはバスケットボールと回答してしまうかもしれません。
なんと言っても2016年秋から新たにスタートするBリーグがあるからです!


皆さんは日本人のバスケットボールプレイヤーといえば、誰を思い出しますか?
私は同世代である「田臥勇太選手」を想像してしまいます。
そうです、日本人唯一の元NBAプレイヤーの田臥勇太選手です。

バスケに関わる人なら知らない人はいないと思います。
むしろ「尊敬する」「なりたい」「目指している」と言う若きバスケットプレイヤーは多いはずです。
そんな少しでも田臥勇太選手に近づくためにはトレーニングも重要ですが、田臥勇太選手に関係する書籍を読めば、なぜそんなにバスケが上手いのか?強いのか?が見えてくるはずです。
それでは、田臥勇太選手に関係する書籍を紹介していきます!

田臥勇太選手に関する本

アメリカ留学体験記 Never Too Late―今からでも遅くない

2002年に発売された田臥選手の自伝。
9連覇した能代工業時代→ハワイのブリガムヤング大→そしてアメリカ本土でNBAに挑戦した日々を振り返った内容が綴られています。
本の評価も高く、田臥選手の人柄の良さも感じることができる作品です。

田臥勇太が街にやって来た スポーツ不毛地帯からの挑戦

朝日新聞から電子書籍版として発売された作品。
元NBAプレイヤーの田臥選手を呼ぶこんだりと、スポーツ不毛地帯の栃木がどのような取り組みを実施してきたかをまとめています。

ベテラン力

現役ボートレーサーで早稲田大学大学院を卒業した江口晃生さんと各界の著名人が対談するインタビュー形式の本です。
バスケットボール界からは田臥選手が登場しています。

日本一勝ち続けた男の勝利哲学

田臥選手が能代工業高校時代に監督だった加藤廣志氏が執筆。
なぜ、能代工業は勝ち続けることができたのか?田臥選手が高校時代に受けた指導はどのようなものだったのか?
バスケに限らず強いチーム作りに必要なことが書かれた本だと思います。

バスケットボール選手のメンタルトレーニング

小池一元氏のメンタルトレーニング理論が一部掲載されています。
田臥選手の地元である神奈川県選抜に選ばれた際、神奈川県選抜のコーチとして参加した小池一元氏の田臥選手は指導を受けています。